carview
無料一括査定

修復歴は黙っていた方がいいの?

事故車といったら、廃車寸前の壊れた車を想像するかもしれませんね。

もし完全に修理された綺麗な車であっても、査定上は事故車扱いになってしまいます。完全に修理された事故車は、修復歴車と呼ばれています。そのようなことを考えると「修復歴は黙っていた方がいいの?」と思ってしまうかもしれません。

事故を起こしてなくても、修復歴車は事故車として見られてしまうことが多く、買取査定価格も事故車扱いとなっています。

修復歴車の定義は、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、または修復歴があるものとされているようです。事故が原因で修復したのではなく、駐車中に物が落ちてきたためルーフパネルを交換したとしても、修復歴が付いてしまうので残念ながら買取査定価格が下がるようです。

これを聞くと、ますます「修復歴は黙っていた方がいいの?」と思いますよね。

多くの中古車のユーザーは、どうせ車を売るならば1円でも高く売りたいと思うのが普通です。どうしても自分の愛車は高目に自己査定しがちという事実もあります。ですから多くの場合、車買取の価格はユーザーが考えていた価格よりは低くなってしまいます。事故車の買取も、基本的には、中古車の買取と同じになっているでしょう。

しかし向こうはプロ。「修復歴は黙っていた方がいいの?」と本当に黙っていてもばれてしまいます。ウソはつかずに、真実をいいましょうね。