carview
無料一括査定

査定から売却の流れ

査定から売却までの流れをご紹介します。査定から売却までの流れがわかっていると、必要なもの(こと)がわかりますのでぜひ、知っておきたいところです。

まず、車を査定してもらう業者を探します。そのとき、できるだけ複数の業者に査定を依頼して、見積り額や応対などを比較検討することが前提になります。

査定の見積もり時には、インターネットの一括査定システムを利用すると、近くにある業者を自動的に探し出してくれるので上手に使いたいところです。 また、インターネットの査定では住んでいる地域、車のメーカー、車種、年式、走行距離などの必要事項を入力して送信しますので、車検証を手元に用意しておくと入力するようにしましょう。

送信後、早い場合で数時間、おそくとも翌日には業者から電話かメールで連絡があることがほとんどです。ここで、おおよその査定額が案内される仕組みになります。

この査定額はあくまでも概算ですから、本査定は業者に直接車をみてもらうことになります。 本査定の結果、業者がつけた査定額にあなたが納得がいけば正式な契約に移っていきます。

・車検証
・自賠責保険証明書
・納税証明書
・リサイクル券(預託済の場合)
・車の譲渡証明書
・委任状
・印鑑証明
・実印(軽自動車は認印)
が必要です。
これらはあらかじめ準備しておくと、スムーズに進みます。

契約が全て終わったら、車を引き取ってもらうことになります。 なるべく無料引き取りや、廃車手続き代行サービスをしてくれる業者を選択することをおすすめします。

いかがでしたか。 これらが、査定から売却までの流れになります。