carview
無料一括査定

売却する際の種類

中古車を売却する際には、その査定相場は車種やグレードだけでなく、季節要因や車種の人気推移、車の状態など、いくつもの要因が絡み合って決まります。ここではそんな売却する際の種類について紹介します。

「車種の人気度およびグレード」
ニーズの高い車は、当然ですが買取価格が高くなります。昨今の市場ですと、セダンやワゴン、スポーツタイプの車は苦戦を強いられ、ミニバンと軽自動車が高値をつける傾向です。ミニバンは、ワゴンよりも荷積能力に優れ、また乗員定員が多いのが人気の理由になっています。一方、軽自動車は以前と違って車内も広くなりつつも、燃費など維持費が安いという景気の悪い時代だからこその理由が挙げられています。また、装備や排気量など、同じ車種でもグレードによって異なるので、相場に違いがあります。

「年式」
年式が新しいほど車買取価格は高くなりますが、同じ年式でもマイナーチェンジやフルモデルチェンジなどで買取価格が変わるケースが考えられます。

「走行距離」
買取価格を左右する要素として、もっとも重要視されているのが、この走行距離でしょう。軽自動車では、標準走行距離は8,000km/年、普通車自動車の場合は10,000km/年が基準となっていて、これを超えると車買い取り価格がどんどん下がっていくようです。しかし走ってない自動車がよいというわけではありません。自動車は走っていないとどんどんコンディションが悪くなるので、年数に対して適切な走行距離であるかどうかがポイントです。

「車の状態」
事故を起こしたことのある車の場合、自動車買取価格は残念ながら大きく下がります。また、たとえ事故を起こしていなくても車体の傷、車内の汚れやシミ、臭い、エンジンやエアコンの調子など、車の状態が悪いと、買取価格が大きくマイナスになります。

「カラー」
一般的にシルバー・白など、日本人が割りと好む色は人気が高くなっています。ただし赤、緑、黒なども、車種によっては人気があるので一概にはいえません。

「季節」
春は新卒者向け、夏はレジャー向け、秋は軽自動車、冬は4WDといった具合に、その車種によって需要期が異なるため、価格にも違いが出てくることが多いでしょう。