carview
無料一括査定

愛車を手放すためのスムーズな段取り

車買取を決断した場合、車買取の流れをきちんと把握しておいた方がスムーズに、より気分よく車買取が完了できます。そこで簡単に愛車を手放すためのスムーズな段取りを説明します。

車買取をするのに必ずしなければならないこと。それは査定です。まず仮査定をしてもらい、おおまかな中古車としての査定額を聞きます。それをふまえた上で、車買取の今後の日程などの打ち合わせをすることになります。車買取の仮査定が終わると本査定です。お互いの都合を合わせ日程を決め、愛車の車体状態や人気状況などを含め査定を行います。

車買取の本査定が終了すると、ようやく愛車の査定金額が判明します。査定金額をよく見て検討した上、納得いけば商談成立となり契約です。もし納得いかない場合には、商談不成立となります。納得できるまで車の買取店とお話しましょう。

車買取で商談が成立した後は、いくつかの書類を準備します。

まずは「車検証」です。車検証がないと車買取はできないと思ってください。紛失してしまった場合には、運輸支局で再交付してもらうことになります。

次に「印鑑証明書」です。こちらは、お住まいの市区町村で登録したものになります。

「自動車税納税証明書」は自動車税をきちんと支払ったことを証明してくれる大切なもの。紛失された場合は各都道府県税事務所に相談した上で、こちらも再発行となります。

そして「自賠責保険証」。これは強制保険として法律で定められています。万が一切れている場合は車買取が困難になると思われます。紛失した場合は自動車保険会社に申請し、再交付してもらいます。「委任状」は愛車の名義変更をする際に、車の買取店代行してもらうときに必要なものです。

「譲渡証明書」は、愛車を譲渡する際に使います。委任状と譲渡証明書は、たいがい車の買取店で準備してくれるでしょう。

場合によっては「住民票」「戸籍の附表あるいは住民票の除表」「戸籍抄本」が必要となときもあります。

車買取の最終段階として車買取の成約代金が支払われ、これで車買取の全段階が終了です。愛車を手放すためのスムーズな段取りは、頭の中に入れておくと便利です。